2012年07月02日

阿修羅政治スレに久々に投稿。仕組まれた脱原発デモを、反消費税増税デモに転換する必要性を説いた

訂正 阿修羅政治スレに久々の投稿 小沢一郎に最強の味方「48」脱原発なんかでは総選挙に勝てない。アメリカに踊らされているだけだ。扇動された脱原発デモを、反消費税増税デモに転化すべきである。
http://www.asyura2.com/12/senkyo132/msg/387.html#c48

48. 2012年7月02日 22:14:59 : Bfu0eFlnvg 
 普通に考えれば、日本中が反消費税増税で沸騰するはず。
 過去、消費税導入時、増税時、与党は総選挙で大敗をした。

 しかし、今回、民主党が大敗するのは当然として、結局自民党やみんなの党、維新の会など、対米隷従の党が与党になるように仕組まれている。

 そのもっとも巧妙な情報工作が何か、阿修羅読者は気づいているのだろうか?

 それは、脱原発運動を刺激して、総選挙の争点を反消費税増税に絞らせないことである。争点が多くなればなるほど、国民は分断され、小沢新党には不利になる。

 総選挙を「消費税増税反対選挙」にしないために、脱原発デモの拡大を黙認しているのである。

 検察の不正を糾弾するデモを一切無視していたマスゴミが、脱原発デモを報道しだしたのは、そのような背景があるのだと思う。

小沢氏が民主党を離党するタイミングで、大飯原発を再稼動したのも、TPOを選んでのものと考えるべき。

 こんなバレバレの工作活動に騙されていては、阿修羅常連もB層に過ぎないことがばれてしまう。

 というか、そのほとんどが放射脳になっている時点で、B層もしくはC層である。

 微量の放射能では人は死なないのだよ。

 アメリカの「ショック・ドクトリン」に騙されていないで、いい加減気づきなさい。

 今まで、アメリカの計画通りに操られていた放射脳諸君だが、一発逆転のチャンスがある。それは、「脱原発一色」になるものと思われているデモを、「反消費税増税デモ」に方向転換することだ。

 根っこは同じ、対米隷従である。その根源を断つには、小沢一郎氏を中心とする政治にするしかない。そのためには、総選挙で小沢氏を勝たせるしかないではないか?

 脱原発では、勝てない。石油の高騰などを「演出」されたら、脱原発運動など一気に下火になる。こんな運動はあくまでマイナーなものである。あじさい革命とは、うまく言ったものだ。あじさいの花が枯れる頃には、すっかり冷や水を浴びせられているだろう。

 国民が大同団結できるのは、「反消費税増税」のみである。これが、対米隷従ではない政権を実現する最後のチャンスと考えるべきである。

 目覚めよ、阿修羅読者諸君。

(久しぶりに政治スレに打った。失礼な投稿をしたが、私は阿修羅掲示板の政治スレは尊敬している。でも、原子スレは「放射脳の砦」だから、終わっている。この落差を埋めねば、アメリカの情報戦略に対抗することなど不可能である。)
【関連する記事】
posted by 知られざる・・・ at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本属国論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/278577045
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。