2012年04月24日

400日経っても進歩しない阿修羅住人の愚かさ  http://p.tl/Ur5R

 放射脳の最後の砦は阿修羅掲示板の原子スレ

デマ情報ばかりがまことしやかに語られるアナザーワールド。

こんなデマばかり鵜呑みにしていたら、そりゃ〜、馬鹿になるわな〜。

 阿修羅掲示板原子スレの全期間アクセス数トップ50がいかに「カルト」か。

 twitterのアカウントが凍結されたので、この気持ち悪いクソスレを久しぶりに覗いてみた。

 ボットン便所の穴の中を覗くような気持ち悪い行為だが、仕方がない。

 思った通り、くだらんネタで大騒ぎしていた。

首都圏の土壌汚染深刻 35地点でチェルノブイリと同レベル
http://www.asyura2.com/12/genpatu23/msg/140.html
投稿者 てんさい(い) 日時 2012 年 4 月 20 日

(引用開始)

調査地点のうちセシウム汚染が最高値を記録したのは埼玉県三郷市早稲田植え込みで91万9,100Bq/u。チェルノブイリ事故の「一時移住区域」(移住・立ち退きの義務がある)と同じレベルだ。
 
 次に高かったのが千葉県松戸市紙敷の園庭で45万5,845Bq/u。チェルノブイリ事故の「希望移住区域」(移住の権利が認められる)に匹敵する。松戸市はじめ首都圏の5ヵ所でこの「希望移住区域」と同レベルのセシウム(合算値)が検出された。

 チェルノブイリ事故の際設けられた「放射線管理区域」に相当するのは東京文京区小石川4丁目の植え込みをはじめ29ヵ所。

(引用終了)

 

 チェルノブイリの移住地区に相当とか、一年以上同じところをグルグルグル飽きもせずまわっている。

 

 チェルノブイリは、5年後にソ連が崩壊した後に新政府が移住政策を始めたんです。5年目でもセシウムだけで年間11ミリは被曝する地区で、一年目は100ミリ被曝したような地区の話です。

 

 埼玉や千葉では、どうがんばったって+1ミリいかんだろう?

 

 何が一緒なんだ?

 

 悔しかったら、そのホットスポット地面の上で裸で一年間寝起きをして、10ミリ位被曝してみろ。

 それでも放射線の影響は皆無だがな。白血病にはなれなくても、風邪をこじらせてめでたく病気になれるかもしれんぞ。放射脳仲間に讃えられるぞ。

 

 こんなくだらんネタを400日間信じているんだから、脳はすでにメルトダウンしているのだろう。その害の方がはるかに大きいのに。哀れな奴らだ。

 

 本当に馬鹿な阿修羅の放射脳たちである。


<関連記事> 

 チェルノブイリと福島の本当の比較 
http://sirarezaru.seesaa.net/article/262286463.html 

(内容はほぼ下記のパクリ。 
http://genpatsu.sblo.jp/article/47289931.html ) 

 要点 
1 避難地区になったのは5年後であり、その間放置されていた。5年後時点の基準を5ミリ(遮蔽係数を加味して、実は11ミリ相当)とした。 

2 避難による弊害があまりに大きかったため、その後安易な避難勧告をすべきではないということがICRPのコンセンサスになった。 

3 そんなことなどつゆ知らずのど素人の早川由起夫が、セシウム137は半減期30年間だかそのまま比べればよいという愚かな発想で、福島の汚染を過大にみつもったトンデモな地図を拡散した。 
【関連する記事】
posted by 知られざる・・・ at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本属国論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/266572882
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。